--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/07 (Fri) オフェイリアと影の一座

ミヒャエル・エンデの世界は果てしなく続く命をテーマにしている。


ファンタジーというカテゴリーでしか描くことができない現実を見据えている…。


世の常識に立ち向かう勇気を永遠のテーマとして繰り返してきたエンデ。


恐れることが
支配されるということ。

その恐れとは
死を想起させるさまざまなことだ。

死はいずれ誰にも必ず訪れるもの。

でも、死ぬことの先に怖い世界がなかったら、命は肉体を離れても続くのだとしたら、それは自由に今の人生をも解放する。

18才で旅立ちを選んだ子の母に捧げます。

淋しくて悲しくて涙は流れる。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(1) | comment(1) |


2009/02/17 (Tue) 如月

それにしても時間というものは曖昧だ・・・・。


月に一度くらいは更新しましょうか。

時計があるから、カレンダーがあるから、
いろんなところに時間のトラップが敷き詰められているのだけれど。


太陽の位置や月の満ち欠け・・・風の向きに木の芽の膨らみ
感覚的な流れを感じることに集中していると
違った時空間の隙間にスリップしていく。


一年前の出来事が一年後の今にふいにリンクしてくる。
ジグソーパズルが一度に揃い始めるような引力みたいなものかなあ。


力を抜くこと

力がぬけていること

宇宙遊泳の
スタイルで

未分類 | trackback(0) | comment(106) |


2008/11/18 (Tue) 車麩のフライ

車麩が好きなのでして、もともと好きなわけですから。

サックリとしたフライの軽さと、こ~んなにもピッタリあうなんてね!

肉の代わりに使うというのではなくて、肉よりも、美味しいわけだからね~。

車麩は3分割が
美味しい。半分では、微妙…。

乾燥した車麩を水に戻すのも、ささっとでよく、むしろ、中途半端に固さが残るくらいで良いみたいだ。

味噌煮で味を染み込ませたら、冷えるまでは放置。

衣をつけて、
しっかと色づいたら、
揚げたてを食すべし!

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2008/10/28 (Tue) Caravan “Lonesome Soul Survivor TOUR” 2008 10/25(sat) 横浜BLITZ

一人のCaravan

アコギ一本とモロッコへ旅した時の写真

それと、オーディエンスのリズム達とコーラス!!

会場はCaravan大好きな熱い熱い想いに溢れておるの。

いってらっしゃい!!

コレから始まる、全国巡りへの旅。

楽器を積んでひとり車を運転してめぐる大きな扉への道。






未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/08 (Mon) 八百万

やおよろず・・とかいて変換したら、八百万。。


あまた、すべての存在に神宿ると言う精神の根幹には感謝があるのでしょう?

違う?

思わず、こうべを垂れ、手を合わせる行為。

一木一草、石ころにいたるまで、あるがままを眺め
手を出さず、持ち帰らない。

私の中の山の概念は八百万であり
その根っこを教えてくれたのは白山であり
その道筋を与えてくれたのは祖父なんだなぁ・・・

感じることが溢れ出てくるけれど、まだ、言葉にはしないでおこう~~。

少しは見えているような気がするけれど、そんな気がすること自体、
私の中の傲慢の正体なんでしょう。。

語らず静かに、それでも与えることができたんだなぁ、祖父は!

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。