--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/25 (Sat) 大いなる流れのままに


2010 9 23 秋分点の満月を木曽御嶽山で迎えました。

関東地方は雷雨

御嶽山でも、雨、風、雷。

一歩一歩かみしめるように、感謝の思いで登りました。

祖父が愛した御嶽山にようやく来ることができ、整えられた登山道に支えてもらうことの感謝に雨も雷も気にならない…不思議な感覚です。

溢れて流れくる川の飛沫に轟音、目の前の今の中にただ在る感覚…。

ひとりきりでありながら、全く不安を感じない…。


胸から溢れ出し、
沸き立つエネルギー。

言葉にすると消えてしまうもどかしさが、
今も続いています。

夕焼けと雲海とおつきさまに囲まれるイメージを確信して、
すべてを宇宙にゆだねただけの、
人様からみたらゆるい山行きだったのです。


そこで繰り広げられたパノラマは
私そのものが融けてゆく世界でした。

エネルギーの流れは整いました。

ありがとう~。

流れのままに。


スポンサーサイト

地球 | trackback(0) | comment(2) |


2010/08/13 (Fri) 真夜中の雲の影

窓の形に切り取った四角い空を眺めながら

雲が消えてゆくのを待っていた

ペルセウス流星群の最大は明け方前


まだ、時間はたっぷりとある


西の空はクリアになり
東は?と


起き出して見て見るもグレーな空だ


新月まもない上に月は隠れている絶好の日であるというのに
電信柱の街路灯が
黄金色に光を放つ




ここではなぁ~と


ごろりと横になってしばらくする


木星のすぐ脇から
ひとしずくが
滴り落ちた


流れた!


そう叫んだつもりが
声にならない


思う言葉が声にでない


本当は言いたいのに


なぜ?


私の声はでないのだろう…



見えていたと思った景色ははかない夢であった



届かない声は
雲の影に消えた

地球 | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/19 (Sat) 新月 

夏が過ぎちゃった。

ご無沙汰です。



自分は三倍速で生きている気がします。

身体はどんどん蘇ってきましたよ。

今日は整理整頓の星めぐりだそうな。

スッキリとまいりましょう。秋空をめざして。


身体と心と食べ物の3つをシャッフルして
自由になる方法を試しているのです。

身体はすごい!
身体はこたえてくれる!

身体に聞くこと!

これしかないのかも・・・

木村秋則さんの林檎の樹のように
自分を自然にまかせて生きてみたら・・
放任ではなく、いとおしみながら自分のことを信じることが出来たら
強い実もみのることでしょう。

世の中が変わることを
変化を良きことと受け入れ信じることができ
すべてが ちょうどよく おさまる

良いニュースを喜々として聞き
エネルギーを回していくことで停滞がなくなる

よどみなく 流れる 

転機の新月

地球 | trackback(0) | comment(2) |


2009/06/24 (Wed) 太陽さん

昔、立花ハジメちゃんが太陽さんを作ったころ

きょうの料理に出演して

パプリカのマリネを卵の黄身と並べる・・・という料理を紹介していましたっけ。。


卵の黄身はまんまるでゴロリゴロリと転がって
花びらのように丸く飾られたパプリカの上を転がるのでありました。

料理番組にてハジメちゃんを見てしまった喜びと

太陽さんのアルバムをイメージさせるお料理?をアレンジしたノリは

強烈な記憶になって、太陽さんの日には思い出さずにはいられない。





今年の夏至はなんだかんだと、インスピレーションの嵐に襲われ

収まりを待つのに3日も費やしてしまった。

こんどの新月は日蝕ですからねぇ・・・。

騒がしく収縮する細胞たちなのですよ。


勝つということには意味はなく
心を開くことに意味がある


曼荼羅の上をころがり続け
意味のないことと
意味のあることの違いに有り難し。

夏至は分岐。

道はつづくよ~

地球 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/15 (Thu) そら~空~宇宙~

昨日までのブルブル~しちゃう寒さは一夜あけてぱっ!!と消えた。


空はあわいぶる~

こんなに広かったのねぇ・・だなんて、物珍しそうに眺める。

4,5日雨が続いただけで、上を向いてなかったわけ。

雨を眺めてはいたんだけど、

うっかり外に掛けっぱなしにしたキリムが

ずっと雨にうたれてて

辛かったのよ。




全部洗い流して
さっぱりした空

それを受けとめるのは大地

純粋にまた天空に返す


地球 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。