--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/03/31 (Mon) 弥生 冷たい風

今日で弥生も終わりますね

去年の3月に犬が死んだの。

これがきっかけで後悔はこれ限りと、走りはじめましてですね、

それでも、晩秋には道がみえてきて、

なんとか辿り着いた弥生でした。

苦悩の道って、やがては光のさす道につながるもんだな。

先はまだ長いのだけれど、平行してワークショップの企画もできたし

少しずつ自分の中の取り戻せた部分だとか、おかげで進化した部分だとか。


自分は大丈夫~って、普通に思ってたけど、

たとえば、電流の流れる檻に入れられた動物が
いざ、ドアを開け放たれても出ようとしないように、

長年のダメージはコトの本質を見失わせてました。

身体の不調が道しるべだったかもなぁ、自分の場合。

ここから先、どんなふうに歩いていきましょうか。

*********************************

4月にMy motherが初個展するのでちょっとだけ顔だしてくるつもり。

おみやげに、20年前のモディリアーニの展覧会の図録をもっていくつもり。

新国立美術館でみるモディリアーニも楽しみ。




スポンサーサイト

からだころころ | trackback(0) | comment(0) |


2008/03/26 (Wed) 酔って候

ミーティングへ向かう直前に飛び込んで来た哀しい報せ。

具合が悪いとは聞いていたけど、まさか亡くなるなんて。
動転した気持ちをどうすることもできず、

しゃべったり、のんだりに紛れ込んだ。

美人で繊細で
気を使う人だった。
過去形になった人となり。

彼女に言いそびれていたことを思い出して涙が溢れる。

『そんなに人に気を使ってどうするのさ!』
って、言いたかったんだよ。

まったく、いい奴から順番に死ぬ!

自分が楽に生きたらいいんだ。

身体と心がつながってさえいれば……。


優しさが自分を殺しちゃ、ダメなんだよ。




未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2008/03/25 (Tue) 闇雲には走らない

走りはじめたこどもワークショップではありますが

闇雲には走りません。

コンセプトをスタッフ間できちんと共有する事から始めます。

スタッフのための研修というか学習もいたしますよん~


結果的に一番学べてしまうのがスタッフなんじゃないでしょうか?
もちろん、言い出しっぺの自分も含めてね。

こどもと一緒に家族で農業体験をしましょう~~というだけではない!!!



オーガニックな農業体験と開放感・・・
you are OK!な空間をどれだけ提供することができるか、
OK農場って通称をつけちゃいましたからね。後には引けないのよん!

ということで、
季節外れの熱燗ミーティングは明日です~


花見酒にしたくなってきましたね・・・

こどもワークショップ | trackback(0) | comment(0) |


2008/03/21 (Fri) チベット証言集

チベットのことを知っていますか?


どうしてデモをしただけで制圧されなければならないのでしょう?

デモを武力で制圧され、暴動と言う形で報道されるのはなぜ?


平和を祈り、融和を求める人々を

どんなふうに苦しめてきたのか

知らなければなりません。


国とはなんだろう?
支配するということの本質について考えるべきで
どの国にも似たような過去や現在進行形の抑圧はあるはずです。

暴力は弱いほうへと連鎖していく。

これを地球ベースの視点から捉えない限り
人類には未来はないのではないかと思えてしまいます。

チベット証言集

地球 | trackback(0) | comment(2) |


2008/03/19 (Wed) Escape over the Himalayas

The children of Tibet on thier way into exile


チベットの悲しみが、世界的に表出している。
それも暴動という形で

我慢の限界をこえる抑圧を強いて来たオリンピックを目前にした国。

世界でもっとも我慢づよい人を我慢だけではどうにもならないと立ち上がらせたものは何でしょう?

ヒマラヤを越える子供たち Escape over the Himalayasヒマラヤを越える子供たち Escape over the Himalayas
(2006/04/08)
Maria Blumencron

商品詳細を見る



チベットの文化を抹殺しようとする圧力をかいくぐって
命がけでヒマラヤを超える幼い子たちの姿に声もでませんでした。



この子達に託される希望はあまりにもせつない。


春爛漫な日本にいて、春の冷たい雨が気温を下げました。
10℃の気温でも身震いをするというのに・・・

この子達は簡単なジャンパーに
なんと薄っぺらなズックという軽装で雪のヒマラヤを超えて
ネパールへ行こうというのです。



国にあってはダブルバインドで、
圧政による苦痛と現状への絶望が
二度と会えない事は承知で我が子をヒマラヤ越えに託します。


文化を守り自主的な自治がかなうこと・・・

今回のチベット暴動のニュースでは
なかなか真実は語られません。

かの国に不利になる情報は記者の協約があって報道しにくいから。
かの国では情報統制が行われてしまい、
you tubeへのアクセスも出来なくなった昨日。

ヒマラヤ超えの人々を撃つ映像が2006年youtube に出てきた出てきた時には
何もできずにいることがたまりませんでした。

独自の文化を主張できない。言語の継承もままならない。

分断された人々の現実をニュースという形で消費したくはありません。

こどもワークショップ | trackback(0) | comment(0) |


2008/03/17 (Mon) りかさん

旧暦のお雛様を愛でることにしているので、
りかさんを読みはじめたら、あまりにもタイムリーで、ゾクリ…

お人形遊びをしたことのない私は、
だから、だから、
そうだったのかぁ!と一人電車の中で合点がいった。

人形は持ってなかったけど、犬と話してたから、
ギリギリせーふだったのか、とんでもなくやはりギりなのか。


ギりやばな安らかなる魂を揺さぶってくださるのである。


出会って、丁をつけて去っていく。
触媒みたいな、媒染みたいな、役回りもありでございます。

冠の扱いはなるほどとな!

なんて象徴的な
お話づくりでありましょう。

むぎゅっ~とくるフレーズにあふれておりますけれども、
ここでは掻き出したりなんぞいたしませぬ。

人によっては何にどんな反応をいたしますやら、
梨木香歩は触媒ですもの。

あ、本日は
外苑前のギャラリーへ行ったんです。
あきらめない人の作品をみるために。
そしたら、自分にそっくりな人に出会いまして~。
早速、コラボする方向で打ち合わせなノリとなり、
しかも、チベタンなお守りとも縁があり、

りかさん読みながら
の帰り~で、

電車から降りたくないほどに、梨木香歩だった。

りかさんりかさん
(2003/06)
梨木 香歩

商品詳細を見る

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


2008/03/15 (Sat) クローバーのたねまき


快晴で
畑の水はけも良かったので、

予定通りの本日のワークショップ。

一年間、畑にきて、
からだとこころと土を育てます。

クローバーは砂漠のような土でも逞しく育つスターターの役目。

ガッシリと根を下ろし有機質として、
土壌の中の菌を殖やしてくれることでしょう。

広いし、かなりがんばりましたねぇ!

ドラム缶乗りは楽しかったでしょ!
いつ芽が出るかな?

待ち遠しいね~

クローバーがトウモロコシを育てるという、畑に変化していくんだよ!

次回はトウモロコシのたねまきです。

たぶん・・・。


 

畑に雑草はタブー視されているから、
ワタシの好きなヒメジオンやタデやオオイヌノフグリや
ツユクサは生えさせてあげられない。

どうして、雑草を駆逐してまで、
温暖化を促進して、砂漠な畑にしておきたいのかなぁ?

耕して雑草を生えないようにしてれば、
農地とてして、税金が低くおさえられるからかなぁ。


ECO税として、クローバー畑だとか、食べられる雑草畑を推奨したいよ。




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
晩ご飯はニンジンのスープ

ホウボウのカルパッチョ

小松菜を炒めて
サトイモは胡椒で

暑いくらいの外遊びに身体は胡椒をリクエストしておりますです。

こどもワークショップ | trackback(0) | comment(2) |


2008/03/14 (Fri) 明日は晴れますように!

20080314190704
ザンザン雨ふり

明日、こども達と歩く農道を傘さしてあるいてみた。

農道はデコボコ水溜まりで、
アニエスbのブーツは泥んこ…。

注意深く、こんなに歩いたのは、とても久しぶりのこと。

真っ直ぐに落ちて来る雨の粒を眺めていたら……

ヒバリが空を駆け上がるように上昇して
叫ぶ
叫ぶ
叫ぶ

縄張りを主張する君はいったい誰に文句を言いたいわけ?

あたりを見渡したって、ライバルはいないよ。

呑気に携帯カメラで『上げヒバリ雨中の図』を録画しようとしてたんだな。

ごめ~ん!

ワタシよね!


ハイ、帰ります~


だぁ~れもいない。
泥んこ散歩


雨の音だけ

麦の芽がでていましたの図

こどもワークショップ | trackback(0) | comment(0) |


2008/03/12 (Wed) 第三土曜日は

ワークショップなの

だけれど、OK農場だから、無理しない自分もOKだし、みんなもOKよ。自分のペースでやろうよ。自分の責任で。

あんまり欲張らないようにしないとね。

アレもコレモは時間に追われてしまうもの。
小さい子の歩幅をわすれないように。


小さい子の瞳はきれい
みんなに会えるだけで嬉しい!

ハグいっぱいしよっ!

こどもワークショップ | trackback(0) | comment(0) |


2008/03/10 (Mon) つぶて

はるばるハルバル
ありがとうございました。

これから、いろいろ劇的な変容が起こりそうな気分…。

こだわりな生き方だけど、こだわらなくなったから。

自由って、健康で楽しいことね。
気持ちが自由なら健康ってことだし、そんな時の病気自体も健康なサインだということかな。
感受性の豊かな尊敬してやまない人から飛んできた飛礫(つぶて)を独り言にくるんで飛ばします。

近況といいますか、
心境と申しますか…

事象には関心がなくなりつつあるのです。

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2008/03/07 (Fri) 電気じかけのミゼットⅡ

電気自動車
暖かくなったら乗せてもらお~~と、ずっと待っていました。
かわいい1人乗りのミゼットⅡ

ガソリン車だったのを電気自動車に作り替えた方がいたんですねぇ~
たぶん、本体が100万くらいで、改造に100万くらいはひつようだったのではないか?と
現在の所有さんのお話でした。

満充電で40キロ走る事ができるから、活動範囲の狭い私にはピッタリ!
ということで、頂いちゃいましょう~~




・・・・・欲しいなぁ~


畑に通うのにこんなにぴったりな車はありません!

さてさて、電気自動車は
ガソリン車のアクセルやブレーキの感覚とは違っていて、
仕組みを少し理解した上で、エネルギーを無駄にしない走り方が重要です。

なにしろ、満充電には8時間も必要なのですから。

この充電は真夜中の深夜電力。
真夏のピーク時のための発電をしましょうという枠で作られる、
もったいな~い時間帯の電気を蓄電する小さな基地のようなものです。

もし、都市熱や大気汚染や騒音など、当たり前になっていることがらを
少しでも改善しようとするなら、電気自動車がよいのでは?

地球 | trackback(0) | comment(4) |


2008/03/01 (Sat) 唐箕

20080301004103
古い農機具
どうして、唐箕(とうみ)と呼ばれてるのでしょう?
ハイカラな機械だったから?

ハンドルをぐるぐる回すと回転する板が風を送り、
上から投入した麦の殻や茎や軟弱な麦の混じりあうゴチャゴチャを
ブワッと風で吹き飛ばし種麦のしっかりと充実したものを残すという機械です。
選別したものを製粉すれば、小麦粉。

電気がなくても使える優れモノと思う。



直して使えるよ。
まだまだ現役です。

こどもワークショップ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。