--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/08 (Fri) ブラックスワン

みたくてみたくて本当に観たくて。

なのに顔を背けながら観ていました。


素晴らしい映画です。
そしてナタリー・ポートマンの完璧さ。


人間を苦しめる最大の要因は自分に求めてしまう完全さだ。

完全なる自己イメージは物心ついた幼少にはじまるのだろう。

こうすれば愛されるという雛型をすり込むことを世間では社会性というのだ。

しかしながら、芸術はその対極にあり、自己の解放に直面する。

この作品をサイコホラーととらえるよりも、自己の解放へと立ち向かった女性の飛翔のプロセスであると私は感じた。


そうして主人公がまさに表裏一体の自己を統合する瞬間に立ち会えたことで私自身も救われた思いになれた。

至福の笑みとともに身を投げる白鳥。

自分の限界を超え可能性だけを信じた幻想世界。現実は幻想であり、幻想が現実となる。内なる世界から、
抑圧から、
解放された者だけが
ステージで喝采を浴び、そして天に帰る。

スポンサーサイト

からだころころ | trackback(0) | comment(0) |


<<内側で起きていること、そして起きてくること | TOP | 大いなる流れのままに>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mandaramyy.blog110.fc2.com/tb.php/112-3f84878d

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。