--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/10 (Thu) 玄米のスープ

81歳アーティストのマダム。

おかげんは、思わしくないそう。
なんとか入院しないでさいごまで庭を眺めていたいのだそうだ。


今日はお見舞いに伺うつもりでスープを作った。
でも
…お見舞いは来週に延期となり、ぽっかり午後が浮いている。

雨は激しくビニールシートを叩き、
コンサート会場の拍手のようだ。
割れんばかりで

一週間も食事の摂れない状態で、栄養をとらなきゃと、ヘルパーさんが肉と野菜を煮込んだのを食べなきゃダメというのだそうだ!

元気=肉

どういうわけか、
食べることの困難さを想像できない人がいるのだ。

梅醤番茶なら少しは喉を潤せるだろうに。


自分で食事を作れなくなるということは、
こういうことなんだな。

作ってくれる人の食への世界観と対峙してしまうということ。


大変だな、介護されるのも……。


価値観だとかまるごと投げ売りしないで、
相互に気持ち良くコミュニケーションできる介護の現場って、どのくらいあるんだろ?

スポンサーサイト

からだころころ | trackback(0) | comment(2) |


<<沼地のある森を抜けて | TOP | 力を抜くは極意なり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

元気なら、何食べたって、まぁいいか~と。肝臓、胃、腎臓、中身の各部署も働けるでしょう…。
過ぎたるは及ばざるがごとし~だと思うな。
食欲と顔色を見極めた介護の食が理想かもね。
ワタシは元気なら、なんでも食べるよ。
基本は玄米、具沢山味噌汁で。
少食遵守です!
そういう身体なの。
肉はなくても困らないですね。日本人だもんねー!



2008/04/11 16:51 | myy [ 編集 ]


 

そうか~。うちも最近はほぼ完璧な玄米穀菜食なんですが、「介護」ってこと考えてませんでした。でもされる立場になったら・・・恐ろしいです。元気=肉って思ってる人がほんと多くて、重病人でも自らそう言って食べてる人に、いくら言ってものれんに腕押しでむなしさをかんぢるけふこのごろ・・・。

2008/04/10 23:25 | hamasango [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mandaramyy.blog110.fc2.com/tb.php/41-a9dc393a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。